2010年04月16日

僕の好きな先生

この曲を聴いたのは、高校時代。授業をサボって、近くにある中華料理兼喫茶で、煙草をふかしている時だった。

(なんてまぁ、甘ったるい歌詞なんだ)
と、そのときは思った。

タバコをぉぉすいなぁ〜がら、いつでもつまらなそ、お、に。
タバコをぉぉすいなぁ〜がら、いつでも部屋にひ、と、り。
ぼくの好きなせんせーぇぇ。ぼくの好きなおじっさあん。

タバコとぉぉ絵の具のぉ臭いの、あの部屋にいつもひ、と、り。
タバコをぉぉ吸いなぁ〜がら、キャンバスに向かぁってった。
ぼくの好きなせんせーぇぇ。ぼくの好きなおじっさあん。

(ははぁ。美術の先生なんか。なんだか、ありがちな絵だなぁ。それに、こういうフォークのセンスは、もうお終いだと思うがなぁ・・・)

だが、このメロディはぼくの頭にいっぺんに染みつき、30年以上経つ今でも、何かあれば蘇ってくる。

清志郎今昔

続きを読む
posted by インク at 12:06 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

オー・チンチン

時々、頭の中を駆けめぐる旋律に、昔聴いた『オー・チンチン』がある。

たいていのことは調べられるネットのこと。ないこともあるまいと思い、調べてみたらあった、あった。

 

 

続きを読む
posted by インク at 08:22 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

イカ天の思い出

司会の三宅と相原勇ちゃん映画『20世紀少年』の、影の主題歌とも言える『20th Centry Boy』を歌うT・レックスは、グラム・ロックの走りだった。
そのグラム・ロックを、ぼくが初めて聴いたのが、今から21年前に放送された伝説の深夜番組、『三宅裕司のいかすバンド天国』に出た、マルコシアス・バンプだった。 こちら

この番組は面白かった。
初めの頃の悲惨さも良かったし、番組が有名になって、今もインディーズで活躍する多くのバンドが登場したときも、興奮させられた。
Youtubeで、「イカ天」を検索すれば、当時の名だたるバンドの演奏を、かなり見ることができる。興味のある方は、そちらをどうぞ。

今、思い出せるエピソードを、選んで書いてみたい。

続きを読む
posted by インク at 16:21 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

黄昏のビギン

タイトルに「たそがれのびぎん」と入力して変換したら、BIGINNと入力した部分が、カタカナの「ビギン」にならずに、漢字の「微吟」になった。「黄昏の微吟」だ。

ちあきなおみのこの歌は、まさに「微吟」の趣だ。そっと歌っているのだが、彼女の声質のせいなのか、重く、甘く、深く心の中に入り込み、温かい気持ちにしてくれる。

続きを読む
posted by インク at 13:56 | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ウイスキーがお好きでしょ?

石川さゆり、いやSAYURIの『ウイスキーがお好きでしょ?』が好きだ。

ジャズなんだが、阿川泰子のようなあざといまでの色気はなく、さらっとしている。そして、この人の持ち味の「可愛らしさ」「健気さ」が存分に出ている。
こんなさっぱりした、軽い、それでいて不思議と印象に残る、大人びたジャズを、ぼくは知らない。

仕事で神経がささくれだった時は、帰宅してこの歌を聴くことが多かった。
他の歌ではなかなか癒されないときでも、SAYURIさんのこの歌だけはスッと入ってきた。

 

続きを読む
posted by インク at 22:07| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。