2011年06月16日

自民党ベテラン議員と、若手議員の意識を比較する

今の政局について、自民党のベテラン有力議員と若手議員との間には、認識の差がある。
だが、どちらも説得力がある。迫力がある。 日本の運命を、真摯に捉えているからだ。

民主党の議員には、その欠片もない。たとえ、松木謙公前農水政務官でもだ。
彼は、菅内閣への不信任案に賛成したが、所詮はお花畑の夢(マニフェスト)から醒めたくなかっただけ。 甘すぎる。

自民党は本気だが、民主党内のゴタゴタは、
「権力亡者の内輪もめ」
でしかない。

「権力亡者」
というレッテルは、かつて民主党が自民党に貼ったものだ。 マスゴミも、自民党をそう呼んだ。
だがそれは、民主党自身、マスゴミ自身のことだ。それが、今回のことでよく判った。

中国が、自分たちのした虐殺を、日本がやったと言い立てるのと同じだ。
韓国が、自分たちのついた嘘を、日本がついたと言い立てるのと同じだ。
人は、身に覚えのあることを口にするのだ。

民主党を支持する国民は、このデマを信じ、ご近所に吹聴して回った。
ご近所から
「善い人」
「国際人」
「政治通」
と思われたくて、ね。
結果として、売国に手を貸し、権力亡者の一員になった。

さて、本題に移ろう。
石破さんの6月10日のブログに、こう書いてあった。


  菅総理の辞任はもはや所与のものであるかのように受け取られていますが、私はこれを全く信用しておりません。
  総理になること自体が目的であった人が、ようやく手に入れたその地位をそう簡単に手放すはずがない。事実、総理自身からいまだに一言も「辞任する」という発言は発せられていませんし、今国会を閉じない限り、不信任カードはもはや使えないのですから(不信任案は一国会に一度しか提出できません)、その気になれば会期を大幅延長してずるずると居座ることは可能なのです。
  そうなると参議院で問責決議案が出てくることになりますが、「参議院の問責決議案には何ら法的拘束力がない」と開き直ることすらやりかねないのが菅直人という人なのではないでしょうか。
  どのみちいずれ行き詰ることにはなりますが、その日は意外と遠いのかもしれません。それまで続く無為の日々を思うと、何ともやりきれない思いが致します。
------(中略)-------
  不信任案採決の時にも記したことですが、菅総理の思いは「とにかく一日でも長く総理を続けたい」、民主党議員の思いは「とにかく解散だけは回避して、一日でも長く議員でいたい」ということなのであり、この両者の思惑が見事に一致しているからこそ、このような状態となるのです。 
------(中略)-------
  かかるいい加減極まる内閣を倒すためには、自壊させる他はありません。
  己の職を賭して総理に辞任を迫り、聞き入れられなければ辞職する、そのような気概を持った閣僚が数人出れば内閣は自壊せざるを得ないのです。
  菅総理のことですから、辞職した閣僚を全て自分で兼任するなどということもしかねないのですが、いくらなんでもそれは世間が許さないでしょう。

  一昨年夏の麻生内閣末期、当時農水大臣であった私は与謝野財務大臣と共に麻生総理に自発的退陣をお願いしました。
  当然辞表は提出しましたが受け入れられることはなく、自民党は万歳突撃的総選挙に突入し、大敗しました。
  あれは私の二十五年に及ぶ政治生活の中で、宮沢内閣不信任案に賛成した時と並んで最も辛かった決断のひとつでした。
  ポスト福田の総裁選を共に戦いながら閣僚に登用して下さり、思うように仕事をさせて頂いた麻生総理には大変な恩義を感じていましたし、総理の持っておられる兄貴分的気質も大好きです。しかし直前に行なわれた東京都議選に自民党は惨敗、世論調査では総選挙での自民党の獲得議席は120議席と予想され、このまま突入すれば解党的大敗は必至の情勢でした。下野することはやむを得ないとしても、せめて150〜180議席を確保し、出鱈目な政権運営をすることが確実な民主党政権に対する強力な批判勢力として自民党が残り、次期総選挙に一日でも早く追い込む体制を確保するためにはこれしか方法はないと思ったのです。
  あの時、与謝野大臣が私に言われた言葉は、今もはっきりと覚えています。
「石破さん、貴方も私も長く議員を勤め、閣僚を何度もやったのだから政治家としては本望というものだろう。しかしこのまま選挙に突っ込んだら、若手や次に内閣で働きたい者の多くが落選し、自民党は解党的大敗となるだろう。こんな時、閣僚が職を賭して総理に辞任をお願いする以外に自民党の敗北を少しでも食い止める方法は無いと私は考える。貴方に一緒にやってくれとは言わない。自分で判断して貰いたい」
  この決断によって失ったものも多くありましたし、その後の与謝野氏の行動は私とは大きく異なることとなりました。しかし後悔はありません。

当時、ネットでは麻生さんに対し、
「とにかく辞めるな。どうせ、いま辞めても大敗は免れない。それよりも、できる限りリーマンショックに対処し、日本再生の道を残すことで、民主党政権誕生後にくるであろう、日本瓦解の危機を弱めておくべきだ」
という意見が、大勢を占めていた記憶がある。

そうした意見を持つ人達にとって、自民の
「解党的大敗」
は、むしろ歓迎すべきことだったと思う。
彼らの主張は、
「与謝野氏を始めとする、自民党内リベラル派なんか、全員落選して、民主党に寝返ってくれた方が、よほどスッキリする。
河野洋平も、河野一郎も、谷垣も、加藤紘一も、みんな民主党に行ってしまえ」
「公明党とは手を切れ!」
「真正保守だけが残れば良いのだ」
・・・・と言うことだった気がする。

石破さん、与謝野さんの危機感の深さに較べ、なんと薄っぺらいことだろう。
サヨクの学生運動と、あまり変わらないイデオロギー性だ。 老獪さのない、書生談義だ。
だがそんな意見でも、麻生さんは聴いてくれていたのかもしれない。

一方、自民の若手元議員は、ガレキの中からこんな声を上げている。


 

  野党共同提案の内閣不信任案が上程され本日採決が行われます。
  3月11日の東日本大震災発災後、永田町は政治休戦に入り、復興に向けての一致団結が求められてきました。自民党は阪神・淡路大震災の経験を踏まえ直ちに200項目にわたる提案を政府に意見具申し、今日まで3次にわたり577項目の申し入れを行ってきました。
  ところがこの間、政府は経験に裏付けられた真摯な提案に耳を貸さず、復興も思うように進まず、未だ10万人を越える被災地の皆さんが体育館等避難所での生活を余儀なくされています。
  瓦礫の処理も15%しか進まず、破損した190キロにわたる堤防も全壊した病院もそのまま。一方ではいくつもの会議を立ち上げ、法的根拠の無い「復興構想会議」の議論を待って6月末まで何も決めようとしておりません。
  何よりも原発問題の情報隠蔽は国民の不安を駆り立て、責任感無きパフォーマンスと都合が悪くなれば責任転嫁ではもはや国民の信頼を得る事は出来ないでしょう。
  本来なら支えるべき民主党から退陣の声が上がる求心力の無い政権ではこの国難を乗り切る事は不可能です。
  不信任が可決されれば総理は解散の意向を示しています。個人的には一日も早い解散を待ち望んできましたが、被災地の現場に足を運び相馬市や南相馬市のバックアップを東京から担当している私としては、一日も早い仮設住宅の整備と復興へ向けた本格的な道筋が最優先であり、その間の政治空白は作るべきでは無いと思います。
  何よりも政府自らが法案を出して地方選挙を延期しておきながら自身の保身の為に国政選挙は出来る等は論理が破綻しています。
  復帰を支えていただいている皆様には不遜に聞こえるかもしれませんが私はここでの解散には反対です。
  ここは内閣が総辞職をした上で、我党も含め超党派で各党の専門性の高いエースを出し合い、原発の一定の収束、仮設住宅での生活や各自治体業務の正常化までの間、救国内閣を組織し支援策を進めるべきです。
  外交、安全保障、教育等基本政策が異なる大連立では無く期限を切って、年末或いは年度末、平成24年度の骨格予算までを作り、改めて国民の信を問い直すべきです。6/2

  ・・・我党も不信任が長老達の間違った情報に踊らされ不発に終わった以上総理の言う一定の目処が早く来るよう復興支援に力を注ぐべきではないか?間違っても辞任の時期を巡り政治停滞をおこしては成らない。良かった点は今回の一件で、国会は間違いなく延長となる。
  第2次補正で経験に基づいた提案をして、しっかりとした予算編成が出来るよう政治の神髄を期待したい…。6/3

  ・・・・内閣不信任は否決したものの、菅総理の退陣は避けられない状況だ。
  既に辞意を表明した総理の下で2次補正予算含め、予算の審議は不可能がゆえ、退陣圧力は党内からも強まるだろう。
  一方、自民党は連立参加の是非を巡って意見が分かれているようだ。
  外交・安保・教育はもとより、バラ撒き4Kの撤回含め、基本政策が異なる政党が本格的連立を組むのは現実不可能だが、他の新しい政策をフリーズさせてでも原発・復興対策に特化して期限を切って閣僚を送るなら、私はやむを得ないとも思う
  いずれにしても、閣外協力も含め、知恵を出して一日も早く復興のめどをつけてほしいと願う。6/10
(以上、はぎうだ光一メルマより抜粋)


これは、被災地の復興に駆け回る、はぎうだ元議員の実感なのであろう。
こうした熱心な議員を落としてしまった、東京都民の責任は、今更ながら重い。

国は、守らなければならない。
発展するだけであれば、孫正義や、柳井某のような経営者が存在しても構わない。
だが、国を守るとなれば、こうした人物は
「守銭奴で売国で嘘つき」
「会社経営と国家経営の区別がつかない素人」
と、評価せざるを得ない。

はぎうだ氏のような、真に頑張っている人間と較べるから、ぼくらはそう思うのだ。 比較するから判るのだ。
真に頑張っている人間を見つけ出し、比較し、評価できれば、衆愚は防げるのだ。
それが、マスコミの本来の仕事じゃないか?

だが、今のマスコミはゴミだ。こちら
しかも、ネットまで支配しようとして、民主のネット規制法案を応援している。

われわれは、外国勢力や在日に支配されない、自分たちのマスコミを持つ必要がある。
有能な記者を育て、強力な情報源にする必要がある。

クリックでやまと新聞へ

posted by インク at 22:19 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。