2011年07月10日

「言うだけ」の社会主義者たち

菅直人は、思いつきを言うだけで、実行するのは部下。でも、手柄は自分が独り占め。失敗したら、責任は全部部下。

松本龍も、
「オレが指示するから、後の知恵はお前らが出せ。そうでなきゃ、何もしてやらないからな」
と脅す。
環境大臣の時も、これで官僚に「名古屋議定書」を書かせ、自分の手柄にした。

そして、福山哲郎官房副長官
飯舘村の菅野村長を、いきなり福島市内に呼び出し、
福山「お前の村は、計画避難区域になった。だから避難しろ」
菅野「え?避難って、どこに避難すれば良いんですか?避難所はあるんですか?仕事を失う人の、生活保障はどうするんです?子供の学校だってありますよ?それに、避難にかかる経費も、どうしたら良いんですか?」
福山「そんなこと知るかよ。お前らで知恵を出せよ。とにかく、5月末までに避難を完了しろ。良いな」
菅野(この政権には、心がない・・・)

バカ松口蹄疫でも、尖閣でも、沖縄基地問題でも、八ッ場ダム問題でも、事業仕分けでも、民主党員は常に、全員、これだった。
無責任で、冷酷で、しかもゴマすりが巧く、そのうえ馬鹿だ。 347a4bf1b87340be370b9720cf6f1e3e
同じサヨクである、小田実の爪のアカでも煎じて飲めと言いたい。
彼は、ベ平連を作ったとき、こんなことを言った。
「@言い出しべえがやる
A人のやることに、とやかく文句を言うな(そんなひまがあったら、自分で何とかしろ)
B好きなことは何でもやれ
・・・・言葉と行動が乖離していないということは、行動が自発的なものであることの別の表現だ」
小田実は、北朝鮮を正しく見ていなかったし、旧ソ連の秘密警察から活動費を得たりして、間抜けな所のある人間ではあった。
だが、現民主党の議員ほど酷くはない。彼らと較べたら、聖人君主に見える。
小田実が生きていたら、きっと、
「民主党員には、自発性がまったくない!全員、権力や金が欲しくて、上司の言うことを聞いているだけだ。だから、責任を取るつもりも全然ない!こんな奴の言うことなど、誰も聞かない。それで、力で脅すしかなくなる。自治労の役人みたいな奴らだ!」
と評したことだろう。

青山繁晴氏は、こうした民主党の体質を問題視し、以下のように指摘している。
img6836_110706-06kati「菅政権は、社会主義政権とは言いませんよ。どうしてかというと、僕らの民主主義のルールに則って、あくまでできた政権ですからね。そんなこと、社会主義政権って言ってしまうと、僕らの国自体を貶めることになるから、そんなことは申しませんが、しかし公平に見て、民主主義の普遍的な価値、例えば報道の自由であったり、それぞれの考え方の自由であったり、行動の自由であったり、そういうことに関心が薄い政権だと言わざるを得ないんですね。で、これは実は、あの、現政府の中にも、民主党の中にも、つまり民主党寄せ集めでしょ?どうもこの政権は、あの、民主主義に遠いなと思ってる政治家もいるわけですよ、官僚の中にももちろんいるし」

そして青山氏は、実例として、今度松本龍の後任になった、平野達男内閣府副大臣が、原発を調査する青山氏に、圧力をかけてきたことを暴露した。
青山「私は、東電の許可も吉田所長の許可も得て、原発内部を調査している。あんたこそ、何の法的根拠と権限があって、やめろと言うのか?」
平野「そんなもんはない」
青山「は?そんなもんないって・・・あんた・・・」
平野「だがな、オレは内閣府の副大臣だぞ!分かってんのか、お前!
・・・と、こんな言い合いが、電話でなされたんじゃないか?
青山氏が言うには、国会での答弁とは違い、松本龍そっくりの、完全な恐喝口調だったそうだから。

 

続きを読む
posted by インク at 10:00 | TrackBack(0) | サヨク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。