2011年07月05日

菅直人の心理を推測する

青山繁晴氏が、菅直人の今の心境を、取材によって明らかにしている。
菅は、
「自分をヒーローだと思っている。そのわけは、浜岡原発の停止要請から“菅おろし”が始まったと思い込んでいるから」(総理側近)
だそうだ。

「自分をヒーロー」
だなんて、凄い誤解だと思うけど、こういうことらしい。
「『自分は脱原発を言ったので、経産省と電力業界がグルになって、俺を悪辣にも引きずり下ろそうとしてるんだ』っていう、こう、ストーリーを作って、その中に住んでるんですよ。それ、昔から菅さんはそうです。本当に市民運動家だったのかっていうの、僕は改めて疑問に思ってます。その、市民運動というのも、実は、自分で作った、権力に上るためのストーリーだったんじゃないかな、と思うんですが。」
参照: ぼやきくっくりさん

う〜ん。実はぼくも、少し前からそう思っていたんだ。
「菅直人は、父親の敵討ちがしたいんじゃないか?」
って。

 

 

続きを読む
posted by インク at 23:07 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。