2011年03月28日

原発事故をまとめてみる

報道を見ても、どうもスッキリしない。
なぜなんだろうと思って考えてみたら、まず
「原子炉」
という言葉が、よく分からない。
どうも、「原子炉」にも各部名称があるらしく、報道ではそのどこが壊れ、どこが無事なのかがハッキリしないのだ。

そこで、ネットを調べてみたら、次のことが分かった。

格納容器と圧力容器1.原子炉=炉心+圧力容器+格納容器
2.放射能漏れ=格納容器が壊れた証拠。
3.放水=炉心も壊れたが、圧力容器はまだ無事である証拠

だが、まだ納得できない。 たとえば
「壊れた」
という状態が、具体的にイメージできない。

続きを読む
posted by インク at 00:56 | TrackBack(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

京大藤井聡教授、国会で大いに語る

京大教授藤井聡氏の、国会での素晴らしい熱弁を、ぜひお聞き戴きたい。


以下に、藤井教授の主張の要点をまとめてみた。

続きを読む
posted by インク at 00:19 | TrackBack(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

こちらは何とか落ち着いた

ぼくの周囲にも、やっと落ち着きが見えてきた。
計画停電中の見回りは、今も続けているけれど、不審者もいなくなったし、自治会の団結力はいよいよ強まっている。

それにしても、民主党は何をしているんだ・・・・?
蓮舫のコンビニ巡り以外、何も見えない、聞こえないのは、どういうわけだ?
枝野が、すべての責任を、民間企業や国民に丸投げしているように見えるのは、どうしたことだ?
菅直人が、
「第4列の男」
に戻ってしまっている
のは、なぜなんだ?
NHKに出た辻元清美が、自衛隊と米軍が仙台空港を自分たちで片づけ、そこに着陸し、救援活動を始めたことに対して、感謝するどころか非難したのは、阪神大震災の時のあの噂が、本当だったということか?

ぼくが、地域の防災に忙殺されていたこの十日あまりの間に、いったい何があったんだ?
否。民主党には何もなかった、何も足されず、何も引かれなかった、人として一ミリの成長もなかった、ということか?

・日本国民の優秀さ
・自衛隊、米軍、自民党、首長連合の活躍
ばかりが目立ち、政府や東電の無能さを補っているようにしか見えないのだが、これは錯覚か・・・・?

続きを読む
posted by インク at 16:01 | TrackBack(0) | 震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

おや?菅さんの会見がちょっと良いぞ・・・

何か変わったうたた寝してて耳に入ってきたんだが、菅さんの言ってることが、とてもまともになってきたと感じた。
最後がちょっと・・・だったが、何回、
日本人
という言葉を聞いたろう。

これで、現場でがんばる人達への、感謝と励ましの言葉があれば、百点満点だった。

一方、事態はいよいよ厳しいものになり始めた。菅総理の言うとおり、戦後64年間でもっとも厳しい事態になるかもしれない。
しかし、これもまた菅総理の言うとおり、われわれ日本人なら、知力、体力、気力、そして伝統的な武士道精神、互助精神によって、必ず立ち直ることができる。
(何のこれしき)
だ。

ことここに至ることで、ついに右も左もないという、
最も正常な思考レベル
が実現されたのかもしれない。そうだったら良いな。ちょっと遅い気もしないではないが、でもそうだったら、やはり素晴らしいことだ。

蓮舫や辻元の名前が挙がったときは、
(嘘だろ??)
と思ったが、これもここに至っては、信じるしかない。
蓮舫には、ぜひ頑張ってもらって、自分が犯した事業仕分けという愚行の精算をし、人として成長して戴きたい。
辻元も、人を騙したり、国民の血税で殺人集団を救うような、残虐非道な真似は辞め、自衛隊を見習い、お国のためになることをして、少しは人として成長する機会を得てもらいたい。

まともになってきたのは、政府だけではない。

続きを読む
posted by インク at 01:55 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

自衛隊の皆様ありがとうございます!

自衛隊の皆様ありがとうございます!
感謝しても感謝しても、感謝しきれません。

ありがとう!

posted by インク at 13:58 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極左爺の怒り(笑)

『美味しんぼ』の作者極左爺の雁屋哲(右図)が、また窺知外なことを叫んでいるらしい。

ぼくも30年くらい前は、原発建設には反対だったし、広瀬隆なんかも読んでいた。TVで、原発関係者と広瀬隆が論争してるときは、原発関係者の頑迷固陋さにイ広瀬隆ライラし、広瀬隆の
かわいそうに。何も知らないんですね
という決まり文句に、
「ぎゃははは」
と大笑いしたものだった。
だから、窺知外爺の気持ちも分からんではない。

では、窺知外爺は、何を言ったのか?以下がそれだ。
しかし、はっきりしておきたい。
 地震は天災である。
 だが、原発事故は人災である。
 過去の自民党政権の遺産である。
 自民党の現議員たち・前議員たち・元議員たち、総出で福島冷却水問題に当たれ。
 本当に国を思って原発を建てたのなら、今こそ自民党人柱隊を作って福島原発に突入せよ。
 今の民主党政府の取り組み方を批判する資格はお前たちにはない。
 分かっているのか、この、腐れ自民党どもが!
 貴様等の悪政が今の悲劇を招いているんだ。

2011年3月12日(土)@ 16:16 | 雁屋哲の美味しんぼ日記 ※記事の一部抜粋
http://kariyatetsu.com/nikki/1340.php

要するに、民主党がダメだと認めてしまったわけだ(爆)。
でも、自民に花束はやりたくない。せめて共倒れに持ち込みたいというわけで、この態度は今のマスゴミの姿勢そのものだ。
やっぱり、世渡りのうまい奴は違うね。負け惜しみまで一致するんだから。

だが、原発事故が人災だったことは、雁屋哲も認める通り。枝野が、いくら誤魔化そうとしても無駄だろう。
そもそも、事故で冷却水を供給するための電気が止まったとき用の、自家用ジーゼル発電機4台が故障して、電気を供給できず炉芯溶融状態に陥った。これは人災です。 (水間ひろし氏談

ぼくも、冷却水を流すための、緊急用発電機故障のニュースを聞いた時は、首を傾げてしまった。
(え〜?なんで緊急用の発電機が動かないんだよ・・・・日頃から点検してたら動くだろう?)

こちらに、非常用発電機によくある故障原因が書いてある。
発電機自体は、単純な構造だから、よほどのことがない限り、故障なんかしないと思うのだが・・・?

★追伸:東電のえらいさんが、津波にやられて故障したと発表したとのこと。それなら納得できなくもないが・・・。放射能漏れの事実も、単位も、危険性も、どうも正反対の情報が錯綜していて、にわかには信じられないんだよなぁ・・・。

しかし、雁屋じっちゃんのように、いくらもうろくしてるとしても、それを自民党のせいにするのは、かなり、かなり無理がある(笑)。
直接の責任は、東電の原子力部門にある。
また、
民主党政権になって、通産官僚が東電副社長に天下っていたが、これら内実人事の癒着が、すべてが後手後手に回る原因となり、
「炉芯溶融状態」
まで悪化したと思っています。しかも、他の原子力発電所の自家発電機の緊急点検が必要だが、官邸が緊急指令した様子がない。(水間ひろし氏談にちょっと加筆
という指摘もある。

ぼくの知人の会社にも、天下りが一杯いるが、こいつらホントにろくなことしないんだ。こいつらにかかると、有能な人間はどんどん左遷されちゃうんだよ。自分たちの立場が、なくなるからだろうね。

原発への天下り問題は、20年前にも指摘されていたっけね。
「ええ、新しい専門検査官が就任されましたので、ご紹介致します」
(一同拍手)
「あ、どうも。このたび専門検査官を拝命いたしました、○野×兵衛です。昨日まで、ハマチの養殖をやっていたんで、原発のことは全然わかりません。よろしくご指導ください」
(一同盛大な拍手)
なんて場面が、ほんとにあった可能性がある。

こちらのサイトに、詳しいことが載っているんだけど、これを読んじゃうと、昔の谷沢永一みたいに簡単に原発を信用することは、できなくなる。

とは言え、ぼくは原発はしっかりコントロールしさえすれば、有用なエネルギー源だと思っている。また、現状では不可欠なエネルギー源だとも思っている。
ただ、そのためには事実に直面しないといけない。
少なくとも、このサイトを作った故平井憲夫氏の主張を、きちんと受け止められるくらい、事実に直面した研究実績は作らないといけない。極秘でも良いから。


 

続きを読む
posted by インク at 13:27 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

コンクリートは人を守る(付:民主党の異常さ)

チェーンメールが回ってきた。
千葉の
「コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るので外出の際は傘かカッパなどを持ち歩き、身体が雨に接触しないようにして下さい!!! 」
と言う内容。
調べてみたら、こんなサイトを見つけた。こちら
コスモ石油は、広報部を通じて
「タンクに貯蔵されていたのはLP(液化石油)ガスであり、燃焼で発生した大気が人体へ及ぼす影響は非常に少ない」
と発表したらしいが、どう少ないか、簡単に説明したサイトもあった。こちら

誰かが善意で始めたものかもしれないが、「拡散お願い」とやると、チェーンメールになる。すると、メール配信が遅くなり、逆に災害対策の邪魔をすることになる。

このことを知らない人は、意外と多いかも知れない。見かけたら、注意してあげよう。
たとえ内容が正しくても、この状況下で、チェーンメールを送ってはいけないのだと教えてほしい。デフレ時にインフレ対策(増税や緊縮財政)をやるのと同じなのだ。

さて、土曜夜に行われた、菅総理の記者会見を見たが、いったい何が言いたいのか、さっぱり分からん。
どうも、
「俺は格好良く、色んな所を視察したんだ。小泉純ちゃんみたいだろ?」
「俺も頑張ってんだから、国民はあんまり文句言うなよな」
と、言ってるようにしか思えない。相変わらず、顔を作って出てくるしね。

麻生さんなら、国民が本当に安心できるメッセージを発信したろうにね。
「明日、○○を実行するから大丈夫」
「全力で、食料や水を確保して、被災地に送る。そのため、これこれの準備をしてる。早ければ明日には届けられる」
等々。

そのせいかどうか、こんな声がフジのニュース動画には混じっていた(画像をクリックすればYoutubeへ飛びます)。

クリックでYoutubeへ

時間的には、0:01から始まって、0:39秒当たりまで続く。
「へっくしゅん。ざけんなよ、また原発の話なんだろ」
「だから、こっから上げられる情報は無いっつってんの­に」
「ほんとクソだよ」
「なんか笑えてきた」

収録現場での録音ではないらしく、どうやらフジのスタジオ内の会話が入ってしまった、放送事故らしい。
もしかしたら菅さんへの揶揄ではなく、フジの上司への文句だったのかもしれない。
「こんな記者会見なんかより、現場に行かせてほしい」
っていう。

でもね。フジの人間を現場に行かせると、こんなことするからなぁ。

続きを読む
posted by インク at 23:51 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

民主党の主な任務は竹島割譲、尖閣、ガス田売渡、日米同盟の弱体化?

菅直人が持たないと分かったからか、突然民主党の売国行動がエスカレートし出した。こちら

左端が民主の土肥議員土肥(京城出身者。日本基督教団。日本人なりすまし?)議員は、竹島は韓国領土だという宣言に署名した。
帰国後、
「ああ、だまされちゃいました」
ととぼけているが、韓国はこれを口実に、既に進めていた
海洋科学基地建設 ヘリポートの拡張 宿舎の改修
を、一気に完成に持って行くつもりだとか。

つまり、民主党の老いぼれた鉄砲玉だ。
※ここには、またもや悪評高い人権屋、高木弁護士が関わっている。

民主党は、竹島、ガス田を巡る中共や韓国の動きを、国会でも断固秘密にしており、野党が質問してもはぐらかしてばかり。岡田が、
「竹島とガス田のことは絶対に秘密だ」
と、通達を出したことが知られている。
それが、ついに表だった動きを見せてきたということかもしれない。つまり、準備は整ったと・・・。

事実、中共は東支那海のガス田を、ついに生産段階にまで完成させた。
自民党政権の時は、工事を中止していたが、民主党政権になるや工事を再開。民主党は、その事実をひたすら隠してきた。

なんだか、そのための八ッ場ダム、沖縄普天間基地騒動、口蹄疫、尖閣事案だったのかなぁと思えてくる。
以下は、妄想のつもりなんだが・・・・。

1.新左翼的な課題に火を点け、日本国民の目を反らす。
2.口蹄疫を流行させ、日本国民の目を反らす。
3.安保問題で、あれこれ口実をつけては米国を裏切り、米国の影響力を減らす。
4.尖閣で問題を起こし、日本国民の目を反らす。
5.その間に、竹島への韓国の基地建設を許す。
6.その間に、中共のガス田建設を進める。
7.米国の出方を伺いながら、極東支配体制をまた一歩前進させる。

民主党という党自体が、外患誘致罪の実行犯だったとしたら、全員が死刑に値する
行政が彼らを死刑にできなければ、誰かがやらざるを得ない。そうなれば動乱だ。

そういう国民の怒りのガス抜きが、実は「前原問題」であり、「小沢問題」であり、「ルーピー」鳩山や、「脳みそ空き菅」の問題なのかもしれない、と勘ぐってしまう。
問題の本質を、政治と金とか、政治家の資質という
内向き
の方向に逸らし、外交上の危機を覆い隠している。時間稼ぎをしている、というわけだ。

つまり、敵(特ア)の本当の狙いは、日本の領土・領海の奪取、分割にある。
そのための4年間であり、
「支持率が1%を切っても辞めない(で済むから、今後も粘り続ける)」
という意味だ。

菅が本気で粘るようなら、この妄想は妄想ではなく、現実である可能性が出てくる。

中共は北朝鮮と同じ国だ。
違いがあるとしたら、国民から搾取してボロ儲けしている共産党員や軍人の数が、中共の方が圧倒的に多いという点だけだ。
彼らの野望が、特アの行動になる。
狂人の野望だ。常軌を逸している。なので、にわかには信じがたい。つい
(まさか・・・)
と思ってしまう。

ちなみに、外務省だかなんだかは、
「中国はまだ途上国なんで、ODAは続けます」
とこいてるんだって?
この上、まだ金をくれてやるつもりらしい!俺らの金だと思って!ふざけんなよ、だ!

あ〜平成の悪夢だぁ・・・・。

こんな破壊的な狂人連中でも、全員を拘禁し、10年くらいかけて、
「そんなことをしなくても、仲良くすれば、あんたら十分豊かに暮らして行けるんだよ」
と再教育すれば、多少の効果はあるんだろうか?
あるなら、そうした機関を設けた方が良いだろうな。これも、今は空想に過ぎないけど。

でも実は、可能性はあるかもしれないというのが・・・

 




 




 

続きを読む
posted by インク at 12:24 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NZでの日本マスゴミのテロは世界から顰蹙

以下は、『三橋貴明オフィシャルブログ』からコピペしたもの。

----竹本秀之様からのご投稿「NZ地震報道取材を考える」----


  私は報道テロの意味を再定義する必要があると、ずっと考えてきた。
 従来の報道テロは、外部組織が報道機関にテロを行い、言論活動を封殺しようとするものだった。例えば、私が朝日新聞社員として体験し
た「赤報隊事件」がそうだ。これはこれで、なかなか恐ろしい。見慣れた社員寮(朝日新聞新出来寮)のTVに、ライフルが打ち込まれ、TV画面がグシャグシャに割れた写真が大写しになった紙面を見た時、私が相当な恐怖心をいだいたのは確かだ。


 だが、私がここで問題にしているのは、報道機関が取材と称し、国ないしは国民に働くテロ行為だ。報道機関のモラルがあまりに低下したために、もはや取材行為がテロ行為まがいになっていると、私は考えるのだ。これを、現在も続いているニュー・ジーランド地震での日本メディアの行動を、チェックすることで確認しようというのが、この文章の狙いである。

http://tvnz.co.nz/national-news/national-state-emergency-extended-4047979

上記記事にあるように、NZクライストチャーチで地震がおきた後、2月23日に国家非常事態宣言が出された。これは、現在も続いている。上の記事が正しければ、2011年3月14日まで延長されたようだ。
 私が問題にしているのは、

1)NZ政府が国家非常事態宣言を出し、安全を確保しようとする中での
2)
外国メディアである日本メディアが、あまりに傍若無人な振る舞いをし
3)NZ人をはじめ、
多くの人の顰蹙(ひんしゅく)をかったという事実

 である。
 ところが、
日本メディアは報道協定で、これを一切、報道しないことにしたらしい。
 結果として、世界中の人々の多くが、日本メディアの行動に眉をひそめているのに、肝心の日本人のほとんどは、自国のメディアが働いた乱暴狼藉を知ることすらできないのだ。これはもはや、病的な犯罪行為であり、「報道テロ」ではないかと私は考えるのだ。

 とりあえず時系列にそって何が起きたかを見てみよう。

1.2月24日に、二人の日本人ジャーナリストが深夜、病院に侵入し、日本人被災者にインタビューをしようとした。これは、NZ警察により治安を乱す行為と判断され、二人は逮捕された。
ソース:
http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?
c_id=1&objectid=10708443


2.5人のジャーナリストが、CBDクライストチャーチ非常事態警備地域(現場規制地域)に押し入ろうとして、取材許可証を剥奪された。これに関し、治安保全官であるスティーブ・ブレイジア(Steve Brazier)は、
「現場規制を破ろうとする者は、排除か逮捕されるのが通常だ」
 と述べている。ただし5人全てが日本人では無い。
ソース: 
http://tvnz.co.nz/nationalnews/christchurch-
earthquake-wednesday-happened-4043149


3.3月1日は、NZ首相ジョン・キーの呼びかけで、2分間の犠牲者への黙祷が行われた。ところが、この黙祷の最中に、日本人記者は被害者達に話しかけ、その配慮に欠けた無神経さをNZ人に非難された。
ソース:
http://twitter.com/#!/search?q=%23eqnz

 現地女性のあきれはてたというツイート。
http://twitter.com/#!/KateRushbrook/status/
42415483353440256

omg the Japanese media were talking right through the 2 minutes silence in front of the families. Why? #eqnz

 他にも、日本メディアの振る舞いには吐き気がするという意見も出されている。

 よくぞ、ここまで、日本の国際的評判を下げてくれたものだと、心から感心する。彼らが報道協定により、自分たちが行った「非常識な行為」を日本国民から隠そうという姿勢には、私も吐き気がする。

 本来、放送法があり、BPOという監視機関があり、こうした行為は正されるはずだ。だが、放送法もBPOも、ハッキリ言って機能してないの
だ。日本メディアにより、日本という国/日本人の評判が、これ以上、
おとしめられる前に
、我々ネットユーザーだけでも日々、メディアを監視
する必要があると私は考える。何故なら、日本メディアはすでに「国境無き記者を装ったテロ集団」になっているからだ。


 ちなみに、日本メディアが自分たちの醜態を一切、報道してないこと
は、下の英文サイトでも指摘されている。
http://www.japanprobe.com/2011/03/03/japanese-reporters-
arrested-in-new-zealand/


Paul notes that he checked Japanese news websites and didn’t see any coverage about the arrests. There arrests were in fact mentioned in Kyodo News and J-Cast articles, but few people probably noticed the story, as the focus of news reporting has been more focused on what viewers and readers seem most interested in: the search for the missing students.
(翻訳省略)

 共同通信(とJキャスト)が報道したらしいが、共同は通信社であり、配信元であるTVや新聞が無視すれば、日本国民の眼に触れることはない。

 他にも、地震で片足を失った少年への無神経なインタビューなどあるが、被災者のプライバシーを考えて、ここでは触れないことにしよう。

 どうやって日本メディアの暴走を押さえるか。我々は真剣に考える時がきたと考える。このまま放置していれば、日本という国、日本人の名声は、TVと新聞の「取材活動」により地に落ちるだろう

 それで良いのだろうか?今回のNZ地震で私は大きな疑問を持ったのだ。


 

続きを読む
posted by インク at 01:18 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

岩手に異変?自共共闘して小沢派を破る!

小沢氏支援の市長選候補敗北 岩手・陸前高田市

 任期満了に伴う岩手県陸前高田市長選は6日投票、即日開票の結果、無所属新人で前副市長の戸羽太氏(46)が、民主党推薦の無所属新人で元県議の菅原一敏氏(66)を破り初当選した。投票率は80・28%。

 民主党の小沢一郎元代表が強制起訴されてから初めての地元・岩手県での首長選。自ら支援した候補が敗北したことは小沢氏にとって痛手となった。

 戸羽氏は元自民党系市議ながら、共産党籍を持つ中里長門市長(64)の後継候補として市政の継続、発展を強調。前回選挙と同じく自民、共産両党系の市議らが異例の「タッグ」を組んで応援した。

 菅原氏は市政の転換を呼び掛け、民主党県連などが全面支援。小沢氏は「統一地方選の勝敗を左右する極めて重要な選挙」と位置付け、自ら告示前の先月23日、陸前高田市に入り、てこ入れしたが、及ばなかった。

2011/02/06 21:47   【共同通信】

自民と共産の救国戦線

ぶー

続きを読む
posted by インク at 17:50 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

人生の目標、イデオロギーの定義

こちらのエントリに、人生の目標の定義やイデオロギーの定義を載せておいた。

どちらも、記事を書いているうちに、それとなく出てきたものだが、便利そうなので、あらためてここに書いておきたい。

人生の目標:
外界とのコミュニケーションを向上させること。

イデオロギー:
特定のグループが持つ信念。哲学を含むとは限らない。

付随する定義も。

哲学:
経験などから築き上げた人生観、世界観。また、全体を貫く基本的な考え方(広辞苑)。

経験:
外界と自分とのコミュニケーション。現実とのコミュニケーション。

神武以来の美少年と言われた日本を代表する演劇人で、しかもシャンソン歌手で、その上霊能者としても超有名な美輪明宏氏は、
「人生は修行よ」
と仰っておられる。
そちらとも、この定義は矛盾しない(笑)。

修行:
悟りを求めて仏の教えを実践すること。
精神をきたえ、学問・技芸などを修めみがくこと。また、そのために諸国をへめぐること(広辞苑)

つまり、修行という観点から見た人生とは
「学問・技芸の修得を通じて、この世の中の本当の理由を求めるためにある」
ことになる。
それを、ぼく流に言い直せば、
「外界とのコミュニケーションを向上させること」
になるわけ。

続きを読む
posted by インク at 17:32 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

転げ落ちる石

なんと!
岡田が、前原の政治資金規正法違反は
「たいしたことじゃない。外国人からの献金は、今後良しとするから国民も気にすんな」
と発言。前原は
「辞めないぞ。福田元総理だって同罪じゃないか!やーいやーい」
と言い出した(よく調べるって、そっちかよ!)。
こいつら、小学生か? 法治の意味分かってんの?

完全復活そのくせ、サザンの桑田が民主党を批判した歌を作ったと聞いて、びびっている。こちら
桑田の歌まで禁止しかねない。どんどん独裁の道を歩んでいる。

2チャンには、こんな意見が・・・。

41 :名無しさん@十一周年:2011/03/05(土) 21:14:23.52 ID:J9Yckv2Y0
■FAQ■
Q.本人が在日韓国人からの献金を知らなかったと言ってるでセーフなのでは?

A.本人が知らないと言っていても、積み重なった状況証拠で充分有罪になります。

「状況証拠」
・おばちゃんとは中学生の頃からの知り合い
・おばちゃんが在日韓国人だということは知っていた
・大臣室に入れて写真を撮るほどの仲
・結婚後にはおばちゃんに嫁を紹介するほどの付き合い
・おばちゃんは外国人による献金が違法とは知らなかった
・おばちゃんは選挙活動も手伝っていた
・懇意のおばちゃんの名前の書かれた政治資金報告書を本人がチェックして署名していた
・寄付は4年間(計4回)行われていた

これで「献金を受けてる認識がなかった」は無理があります。


万引きでたとえるなら、4日間続けて「スーパーであなたのエコバックから、未精算のカップヌードルが発見された」 という状態

つまり「口のでかいエコバックを肩から下げてスーパー歩いてたら、高い棚からカップヌードルが落ちてきて、4日間連続エコバックに入っちゃった」という苦しい言い訳
  ↓
前原 さっき西田店員に注意されて気づきました。「故意」はありませんでした。エコバックに間違って入っちゃったカップヌードルは「返品」します。


と、エコバックの中身を4日間とも確認していたはずなのに、指摘されてから「返せばいいんだろ」と開き直ったわけです。

完璧なまでに法に抵触していますが、在日の方々は外国人参政権に賛成している前原大臣をなんとしても守りたいので、訳のわからぬ理屈を捏ねて「故意ではない」と連投しているのです。


42 :名無しさん@十一周年:2011/03/05(土) 21:14:24.07 ID:Zx0/Nn2bO

竹島を不法占拠と言うのを拒否

在日朝鮮人からの献金

日本の為に頑張る

はぁ?誰が信じるの?外国人からの献金がダメな理由てつまりそういう事


43 :名無しさん@十一周年:2011/03/05(土) 21:14:34.64 ID:gTtzS0eL0
え?
法律って何なの?
守らなくていいものなの?

54 :名無しさん@十一周年:2011/03/05(土) 21:15:42.57 ID:X27hJl+u0
こういうときだけ 「日本の将来のため」 と言うんだよな。
じゃあどういう将来を思い描いているのか言ってみろよ。
どうせ平成の開国とか言いつつ朝鮮人優遇策を推し進めるんだろ?
もう民主が何言おうが遅いんだよ。

続きを読む
posted by インク at 03:07 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

憲政史上最悪の犯罪者集団民主党

さて、憲政史上の一大椿事が、またしても起きた。

参院予算委員会は2日、断続的に与野党の筆頭理事が会談し、参院に送付された2011年度
予算案の審議日程について協議した。しかし、与野党の質問時間の配分をめぐって折り合わず、 与党が求めた3日の審議入りは見送られた。予算案は1日に衆院通過しており、与党は参院での 速やかな審議入りを目指しているが、入り口から調整が難航した。
10年度補正予算を審議した昨年の臨時国会では、与党側が野党側に配慮し、第一党である民主党 よりも長い質問時間を自民党に割り当てた。2日の日程協議では、自民党の衛藤晟一筆頭理事が同様 の時間配分を求めたが、民主党の森裕子筆頭理事は応じず、決裂した。 

 自民党の脇雅史参院国対委員長は同日夜、国会内で記者会見し、「与党による予算案審議の拒否だ。暴挙だ」と与党の対応を批判した。

▽時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011030200779


森ゆう子が筆頭理事?何の冗談だと思ったら、これが狙いだったか!
事情は、こういうことらしい。

3/1
民主
 「予算案だけを衆院で採決する!」
自民
 「関連法案とセットじゃねーとだめだろ」
 ↓
民主、強行採決、未明のAM3:30に予算成立
 ↓
西岡参議院議長(民主)
 「は?なんで収入の根拠が無い予算だけ送ってくるんだ?
 参議院軽視だろ、その予算案は受け取れない」

3/2
枝野官房長官
 「ごめんなさい。謝罪するから受理して」
 ↓
西岡議長謝罪を受けて2日付けで受領した事にする
 ↓
自民
 「よし、それじゃ明日から審議だな」
森ゆう子
 「自民以外の少数野党の審議時間を削れ」
野党理事
 「無茶言うな」 →3度の協議するも結論付かず
 (その間に夕刻から民主の国対委員たちが帰宅し始める)
 ↓
森ゆう子が新たに飲めない条件を提示して強硬姿勢
 「自民の審議時間を削れ!与党である民主より長い質問時間は認めない」
 →4度目の協議は森ゆう子が一歩も譲らず決裂
 ↓
自民
「おいおい、民主のやつら帰宅してんじゃん。これ明日は国会開かないつもりじゃないか?」
 ↓
自民、枝野に抗議の電話 →枝野「何も聞いてないよ。予算案の審議してね」
 ↓
野党一同
 「質問時間はちゃんと確保しろ」 →前田予算委員長に申し入れ(18:00)
 ↓
前田委員長、理事懇談会の招集を決定 (19:20)
 ↓
羽田民主党国対委員長
 「今日は予算委員会理事懇談会はできない。明日の予算委員会は流す。
 これは、参議院民主党の決定である。」(19:40)

民主党の予算案は、まことに酷いもので、財源(収入源)を不明にしたまま、予算案(支出のみが記されている)を提出しているのだ。
小学生の空想か?

さすがに、これには西岡参議院議長(民主)も、
「参議院を馬鹿にするにもほどがある!」
と怒った。

だが枝野に騙され、予算案を受理してしまったため、まんまとはめられたのだ。
いつものヤルヤル詐欺だ。
そして、このことをマスゴミはほとんど報道しない。たぶん、
「野党がまた審議拒否してる」
とのキャンペーンを張ろうと言うのだろう。

森ゆう子は、ご存じの通り、小沢の愛人だ。
小沢が菅を助けた、仙谷に恩を売ったのかもしれない。あるいはそう見せておいて、実は管政権の息の根を止める陰謀なのか?

そう勘ぐりたくなるほど、この行為は自殺的で馬鹿げている。
こんなことをすればするほど、頼りの公明も社民も遠ざかる。国民新党だって、呆れて離れてしまうからだ。


 

続きを読む
posted by インク at 00:04 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

WBCのイチローに見る自信と信念

自信(confidence)とは何だろう?

広辞苑にはこうあった。
1.自分の能力や価値を確信すること
2.自分の正しさを信じて疑わない心

新明解国語辞典はこう。
1.確かにうまくやることができるであろうという自己評価(新明解)

学研、旺文社の辞書はこう。
1.自分の価値や能力を信じること(信じる=ほんとうだと思うこと)。

英英辞典にはこうある。
confidence: the feeling that you can trust, believe in and be sure about the abilities or good qualities of somebody or something.

あなたが、「これは本当だ」と思ったり、直観したりしている時の気持ち。また、誰かや何かの能力、および優秀さを確信している時の気持ち。

「信じて疑わない」
「確信」
「本当だと思っている」
という感覚、気持ちって、非常に落ち着いたものだろう。

これに対し、信念(faith)とは何か?

英英辞典には、
faith: trust in somebody or something will do what has been promised

誰か(何か)が、約束を果たすことを信じ、頼ること。

WBCでのイチローとある。
たとえば、ワールド・ベースボール・クラシックでのイチローと、彼に対するぼくらの気持ちってどうだったんだ?


 

続きを読む
posted by インク at 01:13 | TrackBack(0) | 暮らしのひとこま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

成功術と成功哲学の違い

バルザックの、『あら皮』という小説をご存じだろうか?
あらすじは、こうだ。
若きラファエル・ド・ヴァランタンは、恋に破れて絶望し、自殺を考える。だが、たまたま入った骨董屋で、一枚の「あら皮」を手にれる。それは、持ち主の願いをたちどころにかなえてくれる、魔法の道具だ。
だが、願いがひとつ実現するたびに、皮は縮まる。それとともに、願った本人の命も縮んで行く。
ラファエルは、その皮を使って恋人を取り戻そうとするが・・・・・

『アラジンと魔法のランプ』は、さすがに誰でも知っていよう。青空文庫に、菊池寛が訳したものがある。
こちら。タイトルは『アラジンとふしぎなランプ』

子供の頃、この二作を読んだ時は、夢中にもなったが、同時に理不尽な気もしたものだ。
「どうして、あら皮は縮んじゃうんだろう?縮まなきゃ良いのに」
「どうして、アラジンはもっと自由にランプの精や、指輪の精を使わないんだろう?」
そうして、縮まないあら皮や、アラジンのランプ、指輪を使って、
(あれもしたい、これもしたい。こんなこともできたらなぁ)
と、たわいもない空想を繰り返した。

空想ではあるけれど、「縮まないあら皮」や、「アラジンの何でもできる魔法グッズ」を使うことって、ある意味
「究極の成功術」
ではないか!あなたはただ願うだけ!わずか1秒!
まるで、『パチンコ必勝法』や『競馬必勝法』、そして民主党のマニフェストのようだ。

でも、疑問な点が。
その1.魔法って、何かつまらなくね?「望んだら即適いました。チャンチャン!」って、なぜこんなにつまらないの?
その2.やっぱリアルな成功が良い。リアルと魔法の違いは何?
その3.なぜ成功哲学があるの?


続きを読む
posted by インク at 00:47 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

『思考は現実化する』への科学的批判は可能か?

まず、このことを押さえておこう。

谷沢永一によれば、人文科学なるものは、すべて認識科学である
谷沢永一の言う認識とは、
「私は、〜だと思う」
という意見のことだ。
だから、谷沢永一の主張を簡略化すると、
人文科学は、個人的な意見を連ねただけの、疑似科学だ
という風になるだろう。

理由は簡単。人文科学には、自然科学のような厳しい実証手続きがない。それだけだ。
実験による追試がなくて、権威者の名前を引き合いに出すだけ。それが、人文科学における「実証」の実態だ。
要するに、
誰か偉い人の意見を聞いて、それを暗記し解説するだけ
それが、人文科学系の学者の実態、というわけだ。

だが、それはある意味仕方ないとも言える。精神や文化に関することは、定量分析が不可能な事例ばかりだからだ。
つまり、最初っから
精神や文化に関する科学的アプローチは、自然科学的な方法では不可能」
なのだ。

色んな所で悪さをするじゃぁ、誰がこの元々不可能なことを、可能だと思わせたのか?
ルネッサンス以降の自然科学の目覚ましい発展ぶりに目を奪われ、人間の精神や文化に対しても、同じアプローチが取り得ると、勘違いした人間は誰なのか?
谷沢永一によれば、その人間とはマルクスである。
マルクスが、まだ可能かどうかも分からないこの分野に、勝手に科学の名前を冠してしまった。その結果、中身のないガクモンが生まれた。それが、今の人文科学だと谷沢は言う。

ぼくは、統計という方法を採れば、多少は定量分析も可能になる気がするので、考古学や文献学、経済学などは、科学性を持ち得るように思うのだが、谷沢はそこには触れていない。

とまれ、
科学は意外に万能ではない
ということだけは、言えると思う。
特に、人文科学分野はそうだ。99%が、誰かの意見、私見、空想、勝手な断定に支配されている。そう、ぼくにも思える。

ライアル・ワトソンによると、
「ある日、猿が木から下りたら、突然二足歩行するようになり、急に脳が大きくなって人間に進化した」
という生物学の定説も、当時の学界の権威がそう断定しただけで、なにひとつ実証はされていないそうだ。
当時、その権威の手元には、小石くらいの大きさの、猿人の頭部断片の化石しかなかった。それなのに、彼は上記のように断定し、それが学界の定説になってしまったのだ。

なるほど、自然科学の分野でも、依然として権威主義がはびこっているわけだ。
ぼくらが、科学的な事実だと信じているものの、いったいどこまでが仮説で、どこまでが事実なんだろう?不安になっちまう。

だが、ある考えが正しいかどうか、簡単に判定する方法が、ここにある。
それは、

続きを読む
posted by インク at 01:37 | TrackBack(0) | 世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

『金持ち父さん、貧乏父さん』

前回、ロバート・キヨサキの話が出たので、ちょっと書いておく。

今から11年前、タイトルとイラストに惹かれて彼の本を買ったが、ハッキリ言って嫌いになった。
イラストとタイトルは良いんだよ
ロバート・キヨサキは、学校の先生をやっている、自分のお父さんが大嫌いで、この著書の中でも口を極めて罵っている。
もっとも、実在の人物ではないのではないか?という説もある。こちら
だが、そんなことは関係ない。

たとえフィクションであろうとも、不特定多数の人間の前で、自分の父親をあそこまで侮辱するのは、公序良俗に反するのみか、非常に醜いとしか言えない。

だいたい、学校の先生で何がいけないのだ?
子供が好きで、人生に役立つ知識を伝えて行くことが好きだから、学校の先生になったのかもしれないのに、ただ安月給だ、老後が危なっかしいというだけで、あそこまで非難して良いもんだろうか?
いや、たとえそれがフィクションだとしても、自分の家族を容赦なく鞭打つことを、推奨するような本など、書くべきではない気がする。
ぼくは、彼の人格を疑う。

第二作『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント - 経済的自由があなたのものになる』を読むと、彼のロジックが見えてくる。

1.何かで荒稼ぎしたら、ただちに株を買え。
2.そこから先は、金が金を生む生活(ファースト・フローだったかな?)に入れる。
3.ここに入れば、後は遊んで暮らせる。老後も安心。


言ってることは単純だ。
一気に荒稼ぎしたら、仕事を早めにリタイアし、老後をマス釣りなんかして、遊んで暮らす。それが一番だと言う彼の考えは、職業の価値付け(右図)にも現れる。
確かに、老後は安心して暮らしたいが、でもどうなんだろね?株でしょ?彼は、リーマン・ショックを無事切り抜けたのかな?
彼を信じて、株を買っていたお年寄りたちは、どうなっているんだろう?

そう言えば、
「日本の金持ち父さん」
ホリエモンこと堀江貴文氏が、

続きを読む
posted by インク at 00:14 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。