2010年07月24日

路上のソリスト

あらすじはこちらから。

統合失調症というのは、昔は「分裂症」と言った精神病名。ウィキにも書いてあるが、古代ギリシャ時代から、よく知られた精神異常なのに、原因は何も分かっていない。

これに対し、精神医学者はやたら症状を集めては、細かく分類して、名前をつけているだけ。
だが、そんなことをして、何になるんだろう?せいぜい、学会に発表して、ちょっといい気になれるだけだろうに。
別冊宝島具体例として、右の雑誌が面白かった。医療刑務所における、精神科医たちの激越な出世争いと、その犠牲になる患者(囚人)達について、患者自身がレポートしている。

「あなたは、家族否認妄想と、関係妄想と、注察妄想と、追跡妄想に駆られている、思考内容に障害のある、陽性型統合失調症です」
と言われたって、治せないなら何の意味がある?
学会だったら、
「え、それは凄い!二重拘束の兆候はないんですか?」
なんて、訊かれるかもしれないけどね。

映画に出てくる、LAMPコミュニティの所長が言うとおりなのだ。精神科医も、精神科医を信用する奴も必要ない。
天才音楽家ホームレス、ナサニエル・エアーズの症状は、精神病棟では治癒しない。
それに、治癒の試みに関して、本人の同意が到底取れそうにない状況では、何とか精神を落ち着かせながら、自立して生きられる道を探してやることが、いちばんなのだ。

だが主人公ロスは、要らぬお節介を焼き続ける。
そこには、フロイトやらラカンやらには詳しくても、現実の庶民の暮らしや、実際の精神病にはまるで無知な、
「進歩的文化人」
の典型的な姿がある。


 

続きを読む
posted by インク at 18:35 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

民主党落選議員に反社会的団体の一員が・・・

こちらにブログに、その人物が載っていた。

民主党って、ほんとうに反社会的団体破壊的団体の成員が多い。

松岡徹と言って・・・彼は、部落解放同盟(解同)の中央本部書記長・・・・実質的には最高責任者です。

彼は・・・人権侵害救済法案(差別糾弾合法化法案)の責任者、というか、それそのものでした。
たまたま松岡氏の息子が、大阪府下の自動車整備工場の金庫破りで逮捕されたため、参院法務委員会理事に止まりましたが、息子の件がなければ、おそらく法務副大臣になっていたでしょう。


ウィキには、こういうことが載っている。

公安調査官菅沼光弘は、2006年10月19日に行われた東京・外国特派員協会における講演で、山口組のナンバー2である高山清司から聞いた話として、暴力団の出自の内訳は部落同和60%、在日韓国・朝鮮人30%、一般の日本人など10%であるという見解を示した。

※解同と暴力団の関係については、こんな記事があった。

 


 


 

続きを読む
posted by インク at 20:55 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

空き缶がこもる官邸閑古鳥

菅さん、暇らしい。
日本中が豪雨で苦しんでいるというのに、
「予定もなく、来客の予定もない」
と、官邸入りに2時間遅刻(こちら)。なぜ?嘘だろ?

それに対し、間髪入れず災害対策本部を設けたのは、自民党。
やはり、自民は政権運営に慣れている。

慌てた菅さん、申し訳程度に岐阜の被災地を訪問したらしいが、口蹄疫の時と同様、ただのアリバイ作りで終わったようだし、不謹慎な発言もあったみたい。こちら

菅さんについて、ちょっと面白い情報を得た。
こちらのブロガーさんの記事。
菅直人研究 その1
同 その2
同 その3
同 その4

おおまかにまとめると、


 

続きを読む
posted by インク at 17:01 | TrackBack(0) | サヨク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

ニュース落ち穂拾い

野中宏務さんが、
「みんなの党の裏には、竹中平蔵がいる」
と、発言したとか。

竹中さんと言えば、ぼくには
ロックフェラーのグローバリズム要求と、財務省の財政赤字削減要求と、小泉さんの郵政民営化要求、そして景気対策という、水と油と水銀と硫酸みたいに、相矛盾する要求を、小泉さんから『かき混ぜて真水を作れ』と言われ、実行した人
というイメージがある。
たぶん、今でもその役割が続いているんじゃないかしら。でなかったら、とっくに政治から身をひいているんじゃないの?

あぎゃぎゃ

ゆうパックの大遅配は、やはり民主党のせいらしい。
西川氏の「郵便+ぺりかんの統合計画」は、民主政権下の総務省がOKを出さず廃案。今回の、鳩山政権下における「郵便+ぺりかんの統合計画」は、総務省が太鼓判を押した。
ところが、実際には

114 :名無しさん@十周年:2010/07/17(土) 23:42:14 ID:sz9zItXXO
・お中元時期で物量が2倍増えます
・ペリ統合で物量がさらに2倍増えます
・選挙時期で選挙郵便が出ますが、遅配不可
・研修は冊子1〜3冊配りますので、読んどいて(読んだら返して)
・機械は統合当日に配りますから、そのとき触って覚えて
・配達はペリから来るので1.3倍くらいに増えます
・コルセンや中の仕分け人数は増やしません

やってみれって
上層指示だから

日刊ヒュンダイは、
「西川のせいで、良い案がまとまりきらず、見切り発車したのが原因。民主の失敗は、全部自民のせい」
と、相変わらずのジミンガーだ(笑)。
要は、自民を否定することに夢中で、まともな代案を考えてなかっただけだ。
だが、この姿勢こそが、サヨク学生運動の限界であって、所詮は書生政治であるゆえんなのだ。
民主党の諸君。国会は、学生会とは違うんよ。

あぎゃぎゃ

枝野さんが、革マルから資金援助を受けていたらしい。
な、る、ほ、ど、ねええええ!
枝野さんは、革マルのシンパだったのか!じゃぁ、中核にいつテロられてもおかしくない。でも、中核はいざとなると、いつも腰砕け。「組織温存」と言い出す。弱い者イジメは、すごく得意なんだけどね。

辻元、福島は、共産同赤軍派のシンパだし、仙石は共産同フロントの出身だし、菅総理はベ平連(共労党)出身だし、輿石は日教組(旧ソ連がスポンサー)丸抱えだし、中核はいるし、民団はいるし、総連はいるし・・・。いやはや民主党ってのは、新左翼の吹きだまりだな・・・・。

あぎゃぎゃ

鳩山さん、また議員やりたいって?
定見がないというよりか、この人ほんとうに三歩歩くと、記憶がなくなるんじゃないの?
とおもいきや、実は大変な深謀遠慮があったりして・・・こちら

ちなみに、鳩山(邦)が、「民主党を作った時、旧社会党の残党を混ぜたことが、最大の悔いだ」と述べていたと記憶するが、これって要するに
「国家論や政策ではなく、多数決で政権奪取」
「政権奪取のための政権奪取を目指す」
ってことだよね?
だから、人数さえ増えれば、中身はどうだって良いやってことでやってきて、最終的には、今のような「吹き溜まり」状態になって、
「何だってイイや。自民がやってきたことを、とにかく否定しちゃえば良いんだ」
「民団、中国共産党を喜ばせれば、国際的で格好良いと思う」
「前から一度、威張ってみたかったんだよね」
この連発。
これへの反省は、ないみたいね・・・。

あぎゃぎゃ

参議院議長を、民主党から出すのが筋だと公明党が言ったというので、民主にすり寄っているという意見が、保守系ブロガーの一部にはある。
ところが、青山繁晴さんも、
「民主から出すのが筋です」
と語っている。こちら

で、民主は「輿石さんを議長に」ということらしいのだが、そうなると江田さつき同様、とんでもない議事運営を始めそう。

晩年は党から疎んじられたそう言えば、昔ハマコーさんが衆院予算委員会の委員長をやった時も、議長なのに勝手な意見を述べ始めて、大混乱したことがあった。あれは面白かった。TVを見ながら大爆笑した。
相手がまた良いんだ。正森成二。共産党の中でも、ほんとうに共産党らしい、理論派闘士かつ実践派弁護士。冷徹と人情の両方を兼ね備えていたためか、与野党問わず、議員同士ですら人気があった。そのせいか、晩年は党から冷遇されてしまうが、実に切れ味鋭い論理を展開する人だった。
この精密機械のような人が、ハマコーの無茶苦茶ぶりに、その機能を次第に狂わされて行くんだな。
虫キング・タイトルマッチの、千倍面白かった。
こちら

けど、江田さつきのは陰湿過ぎて、面白くもなんともない。モロに売国奴、モロにキム・ジョンイル支持なんだもん。この人、ホントは何人なの?こちら

ただし、小沢さんは輿石参議院議長には反対。今の、参院議員会長の方が、実権があるんだってさ。


 

続きを読む
posted by インク at 10:40 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

日本壊滅に遮二無二走り出した真性サヨク政権

岡田克也が、村山談話そっくりの談話を、首相名義で発表するというニュースが流れている。 韓国最大の新聞中央日報と、日本の産経新聞が記事にしているのだ。

これに抗議すると、首相官邸はなんと!
TVで見てないから、知りません
と答えるそうだ(爆)。こちら

岡田は、小沢が代表選に担ぎ出すという噂のある人物だ。

それにしても、首相名義で「村山談話」のような「謝罪談話」を発表する。これは、サヨクが夢にまで見た
血債の総決算
に違いない。
日韓併合100年を記念して、「謝罪談話」を発表すれば、それは1965年に結ばれた、日韓併合条約を否定することになる。
日韓併合条約は、日本政府と韓国政府の双方が合意して成立し、世界各国も認めた正式な条約であるが、韓国もサヨクも、それが大嫌いなのだ。

「約束した奴が嫌いだから、約束は無効だ!」
という理屈だ。
ガキなのか?

ここで予言しておくが、その後何をするかと言うと、
「1000兆円の慰謝料を、韓国、中国、北朝鮮に毎年支払う」
という約束だろう。

これを終えたら、さっさと政権を放り出し、次の政権が約束を履行しない場合、
「嘘つき!」
「国際条約を守れ!」
「世界は、日本に経済制裁を!」
とか言って、大騒ぎしようってんだろう。

とにかく、
「政権に就いていられる間に、できるだけ酷いことをしてから、政権を放り出しちゃえ」
と考えているに違いないのだ。

それは、民主党が政権を取る前から、推理できていた。

なぜなら、
「サヨク=脳内お花畑」
で、現実的なことが、何一つできないからだ。

いつも、現実を批判して、夢物語ばかり語ってきたから、すぐ行き詰まることは、目に見えている。だったら、破壊を楽しむことに、方針を転換するだろう。学生運動が、そうだったではないか・・・・というわけだ。

だが、唯一現実味のあることがある。
「日本国民の、生命・身体・財産を破壊する」
「日本国民の、生命・身体・財産を売り飛ばす条約を、外国と締結する」
ことだ。
これは、政権を取らないとできなかった。

具体的に言うと、
・無意味かつ法外なODA。
・日本をデフレに固定した日銀の放置。
これは自民党。

・自衛力・安保の放棄(無力化。今は半死半生状態)。
・世界の超一流ブランド「宮崎牛」と、畜産業の破壊。
・脱ダム宣言などによる、水害の倍加。農業、林業の壊滅。
・経済政策の放棄(民主党になってから、景気対策はほぼ皆無)。
・異常なCO2削減値による企業破壊。
・外国人犯罪取り締まりの弱化。
・事業仕分けによる、日本の未来の芽潰し
ここまでは、現時点までの民主党。

これに加え、将来は
・特ア土下座外交、隷属条約の締結
・中国人観光客頼りの経済の創出。
・過酷な増税による、経済破壊。
・中国野菜の輸入。
・韓国牛、中国牛の輸入。
・東アジア共同体設立。統一通貨「人民元」の採用。
・特ア人移民・留学生を日本人より多くして、参政権を与え、内部から乗っ取り。
・日本人の自由を奪う、人権擁護法
・中国との安保締結。
・日本海に眠る無限のエネルギーの、中国への献呈。
を矢継ぎ早に行い、ぱっと政権を放棄するのだろう、ということだ。

 

 



 

続きを読む
posted by インク at 22:30 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

緊急!山教組による、教職員強制動員の証拠見つかる!

拡散OKとのことなので、ぼくもお手伝いすることにした。
ネタもとは、こちらこちら

問題の文書はこれ。
違反容疑は、教育公務員特例法違反、公職選挙法違反。

要請文 強制割り当て表


「赤いシーラカンス」と呼ばれ、時代遅れのサヨクそのままの輿石東氏。
神奈川県相模原市に住んでいるくせに、なぜか山梨から立候補している、極左過激派のなれの果て。
現参議院議員会長であり、民主が次期の参議院議長にしようとしている人物だ。

この文書に、どういう背景があるかは、こちらのブロガーが詳述している。

週刊新潮の記事輿石氏の選挙違反は、去年から取りざたされていた。大量処分も行われた。だが、首魁である赤いシーラカンスは、
「俺は知らない。教職員が勝手にやった」
と、逃げ切ってしまった。

だが、今度は二度目だ。悪質さが、百倍したと見て良い。

ちなみに、同じ行為をやっている、山梨県の教職員の一斉メールの画像が、産経の阿比留記者のブログに載っている。こちら
よく見ると、白くマスクされたところから、「山梨」「輿石東」の文字が透けて見える。

追記:

この赤いシーラカンスが当選したのは、公明党の選挙協力があったからだそうだ。こちら
公明党が言うには、
「自民が悪い」
んだと。
ソースは7/14付けの読売新聞。

これは、大変なことになりそうだ。闇法案が、民主、公明の連立で、通されてしまうぞ。

 

 


 

posted by インク at 21:36 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の政局

民主惨敗・・・・だそうだ。

クリックで拡大ぼくには、まだ111万人(比例票)も、民主党を応援する人間がいることが、信じられない。こちら

池上彰氏の、『タブーに挑戦』という番組で見た、
「各党の主な支援団体」
の図を見ると、民主党を支持する団体の総人数は、700万人強だ。
だから、これらの人の家族を足した数が、今回の得票数だったのかもしれない。

つまり、この中で本気でサヨク政策(売国法案)を支持している人間は、半分もおるまいということだ。

だが、もし外国人に参政権が与えられていたら、今の日本には中国人だけでも60万人、韓国・朝鮮人もほぼ同数いるから、彼らだけで、日本人の民主党支持者の総得票数を、軽く超えてしまう。
そうなれば、
「完全なサヨク(というか反日勢力の)独裁体制」
ができることになる。

道理で、民主党が外国人参政権を、無理にでも成立させたがるわけだ。なんたって、120万票(しかも、今後1000万票まで増える可能性あり)の大票田だもの!

たぶん、そのせいだろう。菅政権は、殺人犯(警官焼殺)の疑いまであるらしい千葉景子に、
「落選したにもかかわらず、法務大臣を続けさせる」
という、憲政史上類例のない暴挙に出た。

以下が、ネットでの声だ。こちら

8 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:26:22 ID:vuoL5XOv0
民意なんぞクソくらえ!ってことですね

24 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:27:37 ID:Ap4b6Ah20
ヤリ逃げする気満々じゃねーか

27 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:28:02 ID:7tuYx72e0
俺たちは今100年に一度くらいの暴政を見ているのかもしれない

79 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:31:08 ID:9ktsayY/0
なにこれ?
俺は「夫婦別姓」「外国人参政権」「人権擁護法案」に反対で、
反対を明言している対立候補の小泉に投票したんだが

愚民どもに、政策など理解できっこないから、自分の政策を否定されたわけではないって
言いたいのか!?

84 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:31:22 ID:plfMWuWG0
お前が落とされたのは1人区じゃなくて3人区だっての
大臣としての資質にNOを突きつけられたのは明らかじゃないかw

90 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:31:31 ID:2NUGIi1R0
>それ自体が否定されたとは思っていない

神奈川県民はキッパリと否定しました。
神奈川選挙区は民主党以上に千葉景子の「在日参政権付与」「夫婦別姓」「人権擁護」を支持するか否かが争点でした。


134 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:33:45 ID:TdZX1ckh0
サヨクに理屈が通用しないことがよくわかりました。
狂ってるね。

148 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:34:14 ID:3bMTjSbt0
流石に落選してまで大臣続けられないだろう、そんな恥・・・
などと甘いこと言ってた馬鹿共も、これで思い知っただろう
常識なんぞ通用する相手じゃない

177 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:35:40 ID:3khWzvfZ0
落選しても居座って、自分好みの法案だけごり押しする気かw

なんだこの国。

248 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:39:00 ID:xwAf5BDr0
これって選挙で民意を示すことの否定だから
変えたきゃクーデターやテロでも起こせって国民へのメッセージ?


294 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:40:57 ID:ruXWA0Bu0
なんで辞めねえんだよ
神奈川県民の努力はなんだったんだよ
何が民主主義だ、だからサヨクは嫌なんだ

329 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:42:15 ID:unTtsggP0
これが左翼の怖いところ

自分の思想が全て正しい、自分を中心に地球は回っている

652 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:55:06 ID:b8Ixo9cR0
今から9月までの間にとんでもない案件が多数決済されちゃいそうな気がする

781 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 17:59:59 ID:OB1Dds+2P
誰一人責任取らないのな
凄いよ民主
野党の時なんて自民に責任取ればっか言ってたのに

840 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 18:02:56 ID:X5oi0rGV0
民意って何なんだろうな

995 :名無しさん@十周年:2010/07/13(火) 18:09:13 ID:gM1mcBYR0
落選しても大臣続けられるんだから、もう何も怖いものが無いんだろうね。


赤字で強調した箇所は、これが
「暴力の連鎖の開始点」
を、ハッキリ見せているからだ。

つまり、
サヨクが存在する限り、この世から暴力は消えない
独善性は、暴力の連鎖の出発点
だ、ということだ。
日本共産党や、いかにも市民市民した市民団体(たとえば、菅氏の出身のベ平連)が、いくら
「暴力ハンターイ!」
と叫んでも、実は彼らこそが暴力の根源なのだ。

理由は、彼らが独善的であるからだ。
誰が、それを発揮するにしろ、独善性はそれ自体で十分な暴力であり、それを阻止したり、排除するための暴力が、さらに必要となるのである。
事実、ヒトラー、スターリン、ポルポト、毛沢東による暴力を阻止し、彼らを排除するためには、並々ならぬ暴力が必要とされた。特高警察も、戦時中に国家転覆を企む者達がいたからこそ、必要とされたのだ。

非現実的で、不自然な行為を他人に強要しようとするサヨクは、特にこうした暴力の連鎖を生むのだ。

たまたま、その独善的・暴力的体質に、公衆が襲われる場面が、我が国の歴史には少なかったため、サヨクは危険であるということが、いままで衆目の一致する所には、ならなかっただけなのだ。
だが、陰では内ゲバもリンチも爆弾闘争もやってきたのが、サヨクなのだ。
彼らの本質は、傲慢であるだけでなく、陰湿でもあり、残虐でもあるのだ。


それが今、民主党によって白日の下にさらけ出された。
民主党による数々の国家破壊は、まさにサヨクの独善性と暴力そのものだ。

さて、そんなサヨク丸出しの菅民主だが、ここにきて、
「小沢氏が、岡田さんを立てて、9月に巻き返しを図ろうとしている」
という噂が聞こえてきた。こちら

 

 

 

続きを読む
posted by インク at 18:01 | TrackBack(1) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

本性を剥き出しにし始めた民主党

驚くべきことが起きている!

すでに、ニュースになったものもあるので、ご存知の方も多いと思うが、民主党がついに、サヨクの本性を剥き出しにし、
「なりふり構わぬ日本国民への攻撃を開始した」
と言って良いと思う。

それも含め、民主党の問題行動を箇条書きしてみよう。

1.仙石官房長官、内閣の一員なのに、国際条約を公然と無視。こちらまたはこちら

これには、在日韓国人の票や、集票協力が欲しいという見方がある。サヨク特有の「血債論」だとも思える。
さらに、消費税値上げも、実はこのためだとする説もある。
どちらにしても、日本国民の血税を、全部韓国民に、それもただでくれてやるだけでなく、世界に向かって
「日本人は悪いことをしたから、これからもどうか無限に賠償請求してください」
と、明言する行為だ。
もちろん、日本人は朝鮮人の強制連行などしておらず、朝鮮人、韓国人が主張していることは、どれも金目当ての真っ赤な嘘なのだが、サヨクはとにかくそれを口実にして、同胞を土下座させてくれようと、必死なのである。
そうすれば、
俺たちが正しいんだ。分かったか!」
と威張れるからだ。
異常だが、それ以外の動機はないと、ぼくは信じる。彼らは、まさに異常者なのだ。

詳細な分析は、こちらのブログで。

2.中央選挙管理委員会委員長が、民主党員!!こちら

そんな馬鹿な!まさか!と誰もが思う。
だが、だからこそ、こうした企みは成功する。

道理で有田ヨシフが、公職選挙法違反の行為を咎めたヤマト新聞記者を脅したつもりで、
「俺たちはなぁ、選管とよろしくやってんだよ」
とすごんで見せたわけだ。

伊藤忠治、中央選挙管理委員会委員長は、 元日本社会党副書記長で、現在民主党三重県連顧問。全電通が主な支持基盤で、そこに自治労部落解放同盟が加わる。
極左と言っても過言ではない。菅直人とは、非常に仲が良い。

3.山梨の輿石東参議院議長の悪事 こちら

4.法務大臣千葉景子は殺人犯? こちら

この女は、明らかに北朝鮮のシンパである。
法務大臣の地位を悪用し、最高裁の判決を裏切る「許可」を出し、議会を壟断し、さらに学生時代には、警官を火焔瓶で焼き殺したと言われている。それが本当なら、殺人犯だ。
殺人犯を、法務大臣にかかえる内閣って、どんな内閣だ?

5.北海道でも、選管委員長が民主党員で、しかも公職選挙法違反を平然と犯す こちら

仙石と言い、千葉と言い、この富田新一と言い、どうしてこうも法律や条約と言った、国内外のルールを守らないのだろう?
そんなだから、独裁国家になってしまうのだ。

自分たちが野党の時は、自民が法律違反をしていなくても、道義的責任があるの何のと、難癖をつけまくっていたのに、いざ自分たちが政権をとれば、これだもの。

今まで何度も書いてきたが、サヨクの本質とは
「自分勝手な正義感」
であり、
「それを、無理矢理にでも押しつけようとする独裁体質」
なのだ。
周囲の人間にとっては、
「きれい事で、周囲をストレスと自殺の渦に巻き込む、極めてやっかいな存在」
になる。

あるいは、もっとハッキリとこう言えば良いだろうか?
他人を抑圧し、弾圧し、自分の思いのままにするために、正義を口実として利用する連中。

昔、暴力団に乗っ取られかけたスナックに入ったことがある。
電話をかけようとして、うっかりメモ帳を床に落とした。すると、
「あんちゃん、何やってんだ。ダメじゃねーかよぉ」
と、突然奥に座っていた団体が、ぼくにからみ始めた。
「元に戻したから、ご自由に使ってください」
と言うと、
「元に戻したって、もうダメなんだよ。傷がついたんだよ。弁償しろよ」
とすごんでくる。

これは、暴力団の常套手段だ。
客のフリをして店に居座り、他の客を脅したり、ケンカをふっかける。他の客が腹を立てたり、怖がったりして、そのスナックに入らなくなるようにするためだ。そして、経営者から「みかじめ料(用心棒代)」を取るか、あるいは店を手放させて、そこにビルを建てたりする。つまり、ゴネ得を狙っているのだ。
事実、その店は数ヶ月後、ピンサロだらけのビルになった。
野党だった民主党、あるいは旧社会党のやり口は、それとまったく同じなのだ。正義を口実にして、国会を混乱させ、マスコミを動員し「反自民キャンペーン」を展開、65年間も自民を恐喝して、ゴネ得(売国法案)を狙ってきたのだ。

ところが、今回小沢氏の協力で、その「反自民キャンペーン」が思った以上に成功し、政権を獲得してしまったから、さぁ困った。
民主党は、
「ゴネ得」
しか、政治を知らないのだ。小沢氏も、一人では国会を乗り切れない。
(こうなれば無手勝流、つまり議論を避けて、ガンガン強行採決するという、独裁で行くしかない。それが一番手っ取り早いし、ダメージも少ない。どうせ、長期政権は無理なんだから、政権にある間に、日本の利権をできるだけ多く、特アに売り払ってしまおう)
そう判断したのだろう。

サヨクにしろ、暴力団にしろ、その本当の目的は、
「自分の不当な申し立てによる、不当な利益を、より確実かつ安全に確保する」
ことにある。
サヨクが欲しがる精神的優位感や、自慰的自己満足。ヤクザが要求する立ち退き料、またはみかじめ料。あるいは特ア三国が要求する、言いがかりの「慰謝料」。
それらの不当な利益を、より安全かつ確実に手に入れることだけが、サヨク、ヤクザ、あるいは特ア政府の自慢であり、誇りであり、自己正当化であり、職務であり、生き甲斐なのだ。
何度も言うが、まさに異常者なのだ。

これも繰り返しになるが、彼らの言うとおりにさせられたら、ふつうの人間はストレスで死にたくなってしまう。
だが、彼らはそんなことは知ったことではない。あるいは、優越感を感じて、ざまを見ろと思う。
そういうことなのだ。


6.「ゆうパック」大遅配を、亀井静香、原口総務大臣が、自民党のせいにする。こちら

この大遅配は、鳩山邦夫と民主党のせいで起きたのだ。
麻生政権時代に、郵便と日通の共同出資による新会社設立を、鳩山邦夫が邪魔したのが始まりで、その後、民主党政権は、その新会社を解散させてしまった。

原口総務大臣などは、TVで
「民営化したらもっと効率良くなると言っていたのに、結果はどうだ!」
と鬼の首でも取ったように怒って見せたが、
(お前が最高責任者だろう?何、野党みたいなこと言ってんだ!)
と思った人は多いはずだ。
むしろ、民営化の邪魔をしたから、遅配になったんだ。

7.駐韓大使襲撃事件に、民主党まったく抗議せず こちら

もう、何も言う気にならない。

8.闇法案採決の準備、着々と進む。

こちらに、産経新聞の阿比留記者の記事がある。
そこには、民主党が提出する予定の、
日本国民が塗炭の苦しみを味わうことになる法案
が、山のように盛られている。

民主党の狙いは、おそらく次のようなことだ。



 




 

続きを読む
posted by インク at 23:13 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

民主党は、税金の無駄だから選挙に出るな

もう、常識になってきたと思う。
民主党は
1.票欲しさにどんな嘘でもつく
2.どんなきれい事でも言う
3.しかし、実現する力は一切ない
4.そもそも、実現する気が全然ない
だったら、税金の無駄遣いだから、選挙には出るな!

菅さんは、案の定、
「日本はギリシャのようになる」
と言い出した。
だが、これは菅さん一流の(ブーメランという)
「皮肉」
でもある。

1.ギリシャは、外国から借金してまで、国民に手当をばらまき、挙げ句の果てに国家破産になったが、日本政府は国民から借金しているだけだ。日本政府の借金は、日本国民の資産に他ならない。
2.ところが、日本をギリシャにしたがっているのは、ギリシャ政府同様、「○○手当」ばかり出したがり、バラマキ政治を夢見ている民主党の方だ。
従って、民主党に任せていたら、確かに日本はギリシャのようになってしまう。

いや、事態はもっと悪い。
中国が、ついに恐るべき
「世界同時多発テロ法案」
を、全人代で可決したからだ。
「国防動員法」
だ。

こちらの動画を見て戴ければ、中国政府の狙いと、日本の財務省の主張、また民主党が出したがる法案が、いかに密接に連動しているかが分かる。

「日本は不況なんだから、中国からもっと観光客や留学生を入れなければいけない」
民主や自民の中の媚中派は、ずっとそう言い続けてきた。そして、現在
「一千万移民」
だの
「30万留学生」
だのと言う話になってきている。

これを正当化するためには、日本の不況をさらに長引かせる必要がある。
そのためには、
「国が破綻するぞ!」
「そうなったら、お前ら国民が困るんだぞ!」
と騒いで、消費税を上げるのが一番だ。

これをやれば、日本はシャッター商店街だらけになり、哀れな日本人は、中国人観光客に頼るしかなくなる。
「中国人は神だ!」
となるわけ。

だが、その観光客や留学生が、『国防動員法』が本国で発令された瞬間、工作員やテロリストに変わるわけだ。
テロの方法は、色々ある。
韓国人が口蹄疫ウィルスをばらまいたように、殺人ウィルスをばらまく方法もあれば、
「中国人は、日本人を尊敬しているアルよ」
「排外主義は、ワタチタチ悲しいアルね」
と、飴と金と同情心に訴えて、懐柔してゆく手もある。

中国に進出した企業や日本社員は、全員が人質になるだろう。
その時、
「彼らの命を救うためなら、よろこんで白旗を掲げます」
と、菅直人や蓮舫なら言い出しかねない。

何しろ、菅直人のお師匠である故市川房枝は、
「ソ連が侵略してきたら、すぐに白旗を掲げる」
と、胸を張ったお婆さんだ。


 

 

続きを読む
posted by インク at 11:17 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

結局、サヨクの正体って何なのさ?

ネットにこんなカキコがあったそうだ。

http://alfalfalfa.com/archives/398206.html
34 :名無しさん@十周年:2010/06/21(月) 02:42:46 ID:1B0gSWFl0

 民主がやってきたことって、一言でいうと「自民党が正しいという確認作業」じゃないか。

・辺野古移設案が正しいという確認
・日米安保体制が正しいという確認
・ムダを削減してもバカみたいにお金は出てこないという確認
・後期高齢者医療制度は必要だという確認
・高速を無料にすることはできないという確認
・暫定税率を廃止したらとんでもなく財源が欠損するという確認
・官僚政治をぶっ潰すのではなく協調していくほうが良いという確認
・財源なく子供手当てを出すより扶養控除と児童手当を続けたほうが良かったという確認
・年金制度は簡単に一本化できないという確認
・官房機密費は機密のままのほうが都合が良いという確認
・増税なく赤字国債を減らすことはできないという確認
・エコ減税、エコポイント制度が景気回復に効果的だという確認
・強行採決も時には必要だという確認
・夢物語みたいな政治はないのだという確認
・消費税を増税したほうが良いという確認

現実って、こういうものだ。逆らおうとしたって、逆らえるもんじゃないんだよね。

1.即断即決が可能なくらいまで、恐ろしく勉強している族議員
2.陳情という形で、国民の声を強く伝える県連や地方支部
3.ほとんどの議員から認められ、尊敬されるリーダー

「黄金のトライアングル」
からなる自民党政府が、
1.口当たりの良い絵空事
2.選挙の勝ち方
しか知らない民主党議員や労組、そしてマスコミが喧伝してきたような、馬鹿なことをしているわけがないんだよ。

ここまでハッキリしたら、もう変な夢見んの、辞めれば良いのにね。


 

 

 

続きを読む
posted by インク at 19:24 | TrackBack(0) | サヨク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

補足

前回のエントリで、
ぼくらは、岡田ジャパンのように、団結して力を発揮しなければ、これからの国際社会を、生き抜いては行けない気がする。
世界は、とことん自国の国益第一主義である。それは、マザーテレサ的に言って正常なのだ。だが同時に、それはお人好しの我々にとっては、腹黒過ぎる、シビアな現実でもある。

と述べたが、その補足をしたい。

ぼくら日本と日本人は、サッカーで言えば、参加チームのひとつだ。
外国は、もちろん外国チームで、やはりサッカーというゲームに参加しているわけだ。

※ここから以下の話は、日本と日本人の生活を、すべてサッカーに喩えたものだ。というか、人類の生活を、すべてサッカーに喩えている。

世界はチーム同士だから、ゲームをする。と言っても、本当はサッカーじゃなくて、生存競争だが。
でも、完全に弱肉強食状態で競争しているわけではない。それは、19世紀帝国主義の時代までの話で、日本が彼らに逆らってから、あるいは核兵器が作られてからは、弱肉強食の度合いは薄れ、以前よりは動物的でなくなってきている。
条約だの、国連だの、NATOだの、G20だのを間に挟み、
「競争しつつも、互いに協力し合う」
状態を作っている。
それは、サッカーがルール抜きの殺し合いではなく、ルールを厳格に守ることで、面白く生産的なゲームになっているのと同じなのだ。
FIFAでは、どのチームも、審判の言うことを、絶対のものとして聞いているよね。

ただ、ルールぎりぎりの反則をしたり、シミュレーションをしたりすることを、外国チームがまったく厭わないのに対し、ぼくら日本人は、それを潔しとしない傾向がある。
外国では、反則も審判に見つからなければ、
ファンタジスタ
として、賞賛される。

マラドーナ
マラドーナが、VTR判定の導入に反対するのも、
「審判の目を誤魔化すことも、またサッカーだ」
と信じているからだ。

凄い違いだ。民族文化の違いだな。
人間の闇の部分を認めようとする、ある意味、寛容な欧米と、それをあくまでも克服しようとする、律儀で精神性の強い日本人との。

ところで、サヨクの主張は、こうしたサッカー・チームのチーム・レベルでの発想ではない。
サヨクの発想は、どちらかと言うとFIFAとか、サッカー連盟とか、協会とかの、上部団体の発想だ。
「こういうルールを作れ!」
とか
「日本は悪いことをした国だから、国際サッカーから永久追放しろ!」
みたいなことを、頻りに言っているからだ。

サッカー全体を、自分の都合の良いものに変えたいのだ。
個々のサッカーチームのことなんか、どうでも良いか、または、同胞の日本チームだけを、イジメたいから、そうするのだ。
まるで、たちの悪いフーリガンだ。 

これに対し、マザー・テレサは、
「日本は、サッカーに参加しているんだから、ちゃんとサッカー・チームらしくしなさい!まずは、チームの仲間を助けるのが先でしょ?どうして、自分のチーム・メイトを酷い状態にしたままで、外国チームにお金を出したり、助けたりするの?また、それを他人にも強制するの?それって、売名行為でしょ?」
と言ったわけ。

それに、ほんとうにサッカー全体の利益を考えたいんであれば、自らもサッカー・チームに加わり、ポジションを持って、チームの一員として頑張らないと、他のチームの気持ちは分からない。
当然、調停役もできないし、ルール作りもできない。


だが日本は、民主党政権になって、
「私たちは、日本チームを解散させます!日本はサッカーをしません!戦いません!それどころか、選手を死刑にします。そして、世界のサッカーに貢献します。金を出します。CO2も減らします。各国の選手育成にも協力します」
と約束して、各国を回り始めた。
これに対し、外国からも
「馬鹿じゃねーの?」
「サッカーを愛してない奴が、俺たちのサッカーに口出しすんじゃねーよ!」
「そんなことして喜ぶのは、中国と韓国、北朝鮮チームだけだろ?」
「日本の協会は、解散しろよ」
と批判が出た。

すると、あわてて代表の首をすげ替え、
「日本のサッカー選手の収入は多すぎる。協会は借金だらけだ。このままだとサッカーができなくなる。選手の年俸を下げ、収入に対する課税も、強化すべきだと思うが、そのことについて議論したい」
と言い出したわけだ。
ついてきてる?これは、消費税のことをサッカーに喩えてるんだよ。

そうじゃない。その論点はあり得ない。
サッカー選手(国民)の、今の年俸は少な過ぎるくらいだし、協会(政府)の借金は国民から借りたものだから、このままではサッカー(生活)ができなくなるなんてのも嘘だ。
それより、早くチーム練習(経済活動)を開始すべきだ。協会はチームに金を出すべき(財政出動)だし、また新たな監督(大臣)は、外遊ばかりしていないで、チームをきちんと建て直すべきなのだ。

そのためには、何をしたら良いのかが、次の選挙で問われるわけだ。
簡単だ。
「民主党は、これ以上サッカーの邪魔をするな!チーム作りの邪魔をするな!」
「サッカーが嫌いなら、サッカーのない国に行け!」
それだけだ。

posted by インク at 23:42 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君は独裁の芽に気づいていたか?

「民主主義とは、政権交代可能な(期限を切った)独裁だ」(菅直人)こちら

もちろん、そんなことはない。
民主主義とは、
民が主権者の政体
という意味だし、独裁制とは
民衆と同一身分の個人や集団が、主権を独占している政体
である。
定義が、正反対だ。

「独裁者=民衆」
という、奇妙なロジックを用いない限り、両者が同じになることはない。

ところで、独裁自体には良いも悪いもないということは、違うエントリに書いた。
その際、民主党の独裁はフランコとは違う「主権的独裁」で、フランス革命政府、ナチスや旧ソ連、毛沢東の中国、ポルポトのカンボジア、北朝鮮に近いとも書いた。どれも、数百万から数千万という、恐ろしい数の犠牲者を出した政府だ。
ちなみに、フランコ政府から死刑判決を受けた共産党員は、2万5千人に過ぎない。

これだけの犠牲者を出した挙げ句、政府が潰れているのだから、共産主義国の独裁は
失敗した独裁
良くない独裁
だったと言える。
逆に、イタリアのムッソリーニの独裁や、スペインのフランコの独裁は、犠牲者数が少なく、国家が安泰になったから
成功した独裁
良い独裁
だったと言える。

つまり、独裁自体には、良いも悪いもない。費用対効果(犠牲対効果というべきか)で、価値が決まるということだ。
フランス革命や共産主義の独裁は、費用対効果が薄かったから、価値が無く、間違っているのだ

では、どうしてフランス革命や共産主義の独裁は、費用対効果がなくなるのかと言うと、
「大切にすべきものの順番を間違えている」
からだ。

大切にすべきもの順序についても、既に記事をエントリしてある。こちら

 

続きを読む
posted by インク at 21:58 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

民主主義は独裁だって?

案の定、菅さんは副総理・財務相時代の3月16日の参院内閣委員会で、こういう発言をしていたそうだ。 こちら

「民主主義とは、政権交代可能な(期限を切った)独裁だ」

ね?
小沢氏と、まったく同じ。で、さんざ書いてきたけど、これがサヨクの発想なんだ。

サヨクの本質は、
「押しつけが異常なくらい大好き」
な点にある。
究極の押しつけはテロだからね。

菅さん、この
「サヨク病」
から、脱出できるのかなぁ。

 

posted by インク at 21:18 | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。