2010年02月16日

経済って何?

経済ってそういうことだったのか会議昔、『経済ってそういうことだったのか会議』という本を読んだことがあった。

佐藤雅彦氏のタイトル文字に惹かれて、つい買ってしまったものだ。
この人の絵やデザインには、いつもやられてしまう。見るとすぐ欲しくなり、つい買ってしまうのだ。

ポリンキー

解説は、今や懐かしい竹中平蔵氏。
サブプライム危機の最中、
「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」
と言ったことが、未だに物議をかもしているのは、ご存知の通り。

さて、細かい内容は忘れてしまったが、牛乳瓶の蓋が通貨になってしまったという、佐藤雅彦氏の小学校時代の思い出だけは、鮮明に記憶に残っている。

なぜかと言うと・・・

続きを読む
posted by インク at 00:23 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

世界政府の夢

「世界政府」
は、誰もが一度は夢見る
「未来」
であり、
「戦争に対する最善の解決策」
だろう。

昔版だが、映画やSF小説とかでは、おおむね
「悪夢の未来」
として描かれることが多いモチーフでもある。ほとんどが、異様な独裁政府だ。
楽観的に描いているのは、『スタートレック』くらいかもしれない。

最近では、世界政府の難しさを、あらためて実感するようなできごとが続いている。

続きを読む
posted by インク at 23:36 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。